岡山で外科矯正(保険適用)をご検討の方へ

外科矯正

外科手術+矯正で治療
顎変形症と診断され、通常の歯を動かすだけの矯正治療では限界があり十分な結果が得られない場合、矯正治療だけではなく外科手術を併用することで、噛み合わせのみならず骨格のズレや顔貌の改善をすることができます。
顎変形症とは
アゴの骨格のサイズやズレに問題があり噛み合わせや顔貌(顔の変形、偏位)が大きくずれている状態を言い、このような場合は外科手術を併用することで歯が安定しやすくなります。

外科矯正治療の流れ

  • 1検査・診断

  • 2術前矯正

  • 3入院
    外科手術

  • 4術後矯正

  • 5装置除去
    保定期間

治療費が高額になるのでは?

当院は自立支援医療(更生・育成医療)、顎口腔機能診断施設の指定機関となっているため、外科手術を伴う顎変形症治療の矯正治療費+外科治療費には健康保険が適用されます。適用対象かどうかは一度ご相談いただく必要があります。

自立支援医療制度について

下記の場合、当院では自立支援医療の対象となり矯正治療費用が保険治療となります。詳しくはご相談下さい。

  • 「別に厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合の異常
  • 前歯3歯以上の永久歯萌出不全(永久歯が生えてこない)に起因した咬合の異常

外科手術症例 1

初診時年齢 17歳9ヶ月 主訴 顎が歪んでいる
診断名 顎変形症 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 2年2ヶ月
費用の目安 保険適用
初診時年齢 17歳9ヶ月
主訴 顎が歪んでいる
診断名 顎変形症
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 2年2ヶ月
費用の目安 保険適用
治療前
治療後

外科手術症例 2

初診時年齢 18歳7ヶ月 主訴 物が噛めない
診断名 顎変形症、下顎前突 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 1年10ヶ月
費用の目安 保険適用
初診時年齢 18歳7ヶ月
主訴 物が噛めない
診断名 顎変形症、下顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 1年10ヶ月
費用の目安 保険適用
治療前
治療後

外科手術症例 3

初診時年齢 20歳6ヶ月 主訴 受け口が気になる
診断名 顎変形症、下顎前突 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 2年4ヶ月
費用の目安 保険適用
初診時年齢 20歳6ヶ月
主訴 受け口が気になる
診断名 顎変形症、下顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 2年4ヶ月
費用の目安 保険適用
治療前
治療後

外科手術症例 4

初診時年齢 18歳8ヶ月 主訴 顎の歪み
診断名 顎変形症、下顎前突 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 2年5ヶ月
費用の目安 保険適用
初診時年齢 18歳8ヶ月
主訴 顎の歪み
診断名 顎変形症、下顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 2年5ヶ月
費用の目安 保険適用
治療前
オペ前
治療後

矯正治療におけるリスク

矯正治療におけるリスク矯正治療におけるリスク