歯がない・生えてこない(埋伏・先天性欠損)矯正例

  • トップ >
  • 歯がない・生えてこない(埋伏・先天性欠損)

歯がない・生えてこない
(埋伏・先天性欠損)

先天性欠損(歯がない)とは?
歯の数が足りず、もともと歯がない状態を意味します。歯が足りないことで噛み合わせに問題ができたり影響がある場合には、歯がないことを加味して歯並び・噛み合わせを改善する治療を行います。欠損している本数や部位はまちまちで、見た目だけで正確に判断することは出来ないためレントゲンなどを撮り歯がないことを確認する必要があります。
埋伏(歯が生えてこない)とは?
歯が骨や歯茎の中に埋まった状態のまま生えてこれないことを意味します。先天性欠損と同様に、歯が埋まっている位置を正確に確認して治療する必要があります。歯茎に埋まっている場合、歯を引っ張りだすために一部を出す処置を行い歯に装置を付けて他の歯に影響を与えないように慎重に動かし正しい位置まで引っ張り出します。

先天性欠損の治療例

初診時年齢 20歳7ヶ月 主訴 でこぼこが気になる
診断名 下顎左右側2番
先天欠如を伴う上顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 抜歯(上顎左右側4番抜歯) 治療期間 2年1ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回 費用の目安 80万円
リスク ページ最下部をご参照ください
初診時年齢 20歳7ヶ月
主訴 でこぼこが気になる
診断名 下顎左右側2番
先天欠如を伴う
上顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 抜歯(上顎左右側4番抜歯)
治療期間 2年1ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回
費用の目安 80万円
リスク ページ最下部をご参照ください

埋伏の治療例

初診時年齢 11歳5ヶ月 主訴 歯が出てこない
診断名 上顎右側5番埋伏を伴う上顎前突 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 1年4ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回 費用の目安 70万円
リスク ページ最下部をご参照ください
初診時年齢 11歳5ヶ月
主訴 歯が出てこない
診断名 上顎右側5番埋伏を伴う上顎前突
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 1年4ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回
費用の目安 70万円
リスク ページ最下部をご参照ください

矯正治療におけるリスク

矯正治療におけるリスク矯正治療におけるリスク