岡山で子供の矯正をご検討の方へ

子供の矯正子供の矯正

子供の矯正

お子様の歯並びや噛み合わせを見て、「矯正治療が必要なのでは?」と感じたり、「いつからどのように始めればいいの?」と不安に思ったことはありませんか?そのような不安に対してお子様に合った最適な治療が行えるようアドバイスさせていただきますので一度ご相談下さい。

子供の矯正治療は必要?

子供の矯正

子供の矯正治療は必要?

混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)に歯がガタガタだったり、歯が前に出ていたり、受け口だったり・・・お口の中の状態は患者様によって様々です。全てのお子様に対して矯正治療を行うわけではなく、骨格の成長に影響を及ぼす歯並び・噛み合わせや本人が強く希望している場合には治療を行いますが、必要がなければ矯正治療を開始せずに経過観察を行うこともあります。

いつからすればいいの?
費用は?

矯正治療が必要な場合、治療を開始する時期はお子様一人ひとりで異なります。必要のない時期に治療を開始することはお子様のお口の中に装置が付いている期間が長くなり精神的ストレスに繋がることがあります。最適な時期に治療をスタートすることで最短で効率的な治療を行うことができます。費用については矯正費用・料金表を参考にご覧ください。

子供の矯正に使用する装置

治療の内容によって異なりますが、着脱可能な装置や固定式の外から見えない装置、大人と同じように歯に装置とワイヤーを入れる治療、顎の成長誘導や抑制を行うための器具などがあります。具体的な使用装置については検査後の診断時に決定します。

子供の矯正治療における
メリット

子供の時期に矯正治療を行うことでの一番の大きな特徴は骨格の成長を利用した治療を行うことができるので、正しい方向に骨格を誘導することができるということです。他にも下記のようなメリットがあります。

  • 子供の矯正治療におけるメリット
    歯並びが整うことで
    歯みがきがしやすくなり
    虫歯予防に繋がる
  • 子供の矯正治療におけるメリット
    後戻りのリスクを
    軽減できる
    (悪習癖の改善)
  • 子供の矯正治療におけるメリット
    コンプレックスが
    改善される
  • 子供の矯正治療におけるメリット
    顎の関節にかかる
    負担の軽減

矯正治療におけるリスク

  • ・痛みがでる可能性があること
  • ・装置に擦れることで口内炎が出来やすくなる
  • ・治療への協力度が低いと
    治療が長引く可能性があること
  • ・歯みがきが難しくなるため
    虫歯や歯肉炎になりやすく
    なること
  • ・治療後、後戻りする可能性が
    あること

特にお子様の場合、本人の希望による矯正治療が少ないため(大概は親御さんの意向による治療)、治療への協力が得られないことがあり治療が長くかかってしまったり歯みがき不足による歯肉炎になることが考えられます。また、保定装置(リテーナー)を指示通り入れないことや、その他の指導内容が守れない場合、治療後後戻りする可能性があります。

※上記の内容は個人差があるため、全ての方に当てはまるものではありませんので参考としてご覧ください。