岡山で裏側舌側矯正をご検討の方へ

裏側舌側矯正裏側舌側矯正

裏側舌側矯正

裏側舌側矯正

周りに気付かれたくない方に最適な装置 歯の裏側に矯正装置をつけて治療する方法で、外から見て装置に気付かないほど審美性に優れた装置です。まわりの方から気付かれないように治療をしたい方には最適な装置ですがその反面、表側からの矯正と比べて費用が高額だったり高い技術が必要になることもあります。

治療の内容

治療のパターンは2種類あり、それぞれで料金が異なります。

  • 裏側矯正の種類・治療パターン
    目立ちやすい上あごの
    装置は裏側から治療し、下あごの装置は
    表側で治療をする
  • 裏側矯正の種類・治療パターン
    上下とも裏側の装置を
    使用して治療する

使用する装置の種類

  • 裏側矯正の種類・治療パターン
    カスタムメイド型
    リンガルブラケット矯正装置(インコグニート、ハーモニー)

※記載の矯正装置は薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

裏側舌側矯正のメリット・
デメリット

メリット

  • 審美性に優れている
    (外から装置が見えない)
  • 表側の装置に比べて虫歯になりにくい
  • 矯正治療をしながらホワイトニングが可能

デメリット

  • 他の装置と比べて費用が高額
  • 歯みがきが難しくなる
  • 装置に順応するまでは発音しにくい
    (違和感がある)

<表側の矯正装置との比較>

表側矯正 裏側矯正
治療期間 基本的には同じで個人差あり
通院頻度 基本的には同じ
開始時期 基本的にはいつからでも可能 裏側装置の納品待ちの期間あり
痛みについて 基本的には同じで個人差あり