前歯が閉じれない開咬の矯正例

  • トップ >
  • 前歯が閉じれない(開咬)

前歯が閉じれない(開咬)

奥歯は噛み合っているのに前歯だけが噛み合わず、常に上下の前歯が噛み合わず開いている状態をいいます。子供の頃からの指しゃぶりや舌を突き出す癖(舌癖)、口呼吸などが原因として考えられます。矯正治療後も舌の癖が改善されてない場合、歯が安定しにくく後戻りの原因になることがあるため咬み合わせだけでなく、舌の機能を改善する必要があります。

開咬から考えられること

  • 奥歯に負担がかかり歯の寿命が短くなる
  • 発音が不明瞭
  • 顎の関節に負担がかかる(顎関節症)
  • 消化不良や胃腸障害

開咬のⅠ期治療例 1

初診時年齢 8歳3ヶ月 主訴 前歯で物が噛めない
診断名 開咬 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 5ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回 費用の目安 30万円
リスク ページ最下部をご参照ください
初診時年齢 8歳3ヶ月
主訴 前歯で物が噛めない
診断名 開咬
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 5ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回
費用の目安 30万円
リスク ページ最下部をご参照ください

開咬のⅠ期治療例 2

初診時年齢 8歳1ヶ月 主訴 物が噛めない
診断名 開咬 装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯 治療期間 1年0ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回 費用の目安 30万円
リスク ページ最下部をご参照ください
初診時年齢 8歳1ヶ月
主訴 物が噛めない
診断名 開咬
装置名 マルチブラケット装置
抜歯の有無 非抜歯
治療期間 1年0ヶ月
来院頻度 3~4週間に1回
費用の目安 30万円
リスク ページ最下部をご参照ください

矯正治療におけるリスク

矯正治療におけるリスク矯正治療におけるリスク